その他の取引プラットフォームには搭載されていない豪華な機能を無料で使うことができるので、
取引ソフトはなにを使ってよいか悩んでいるFX初心者には、ぜひおすすめしたいソフトだ。

「MT4」とは、メタトレーダー4(MetaTrader4)の略称では、ロシアのメタクオーツ(MetaQuotes Software)社が開発・提供している取引プラットフォームのことである。さまざまな金融商品の取引に対応しており、おもにFXの取引ツールとして世界中の多くのトレーダーに使用されている。また、ほとんどの海外FX業者がMT4の使用に対応しているため、世界標準の取引プラットフォームといっても過言ではない。

「MT4」人気の要因とは?

MT4の人気の要因は、豊富なチャート機能とカスタマイズ性の高さにある。その中でも、チャート上にさまざまなインジケーター(分析ツール等のカスタムインジケーター)を表示させることができるのは、MT4ならではの特徴だ。
インジケーターは、自作はもちろん世界中のトレーダーが作成したものをWeb上から入手して使うこともできる。
さらに、EA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれる自動売買プログラムを入手して稼働させれば、プログラムに沿ってシステムが自動で取引してくれるシステムトレードも可能だ。過去の為替データを使って運用成績を検証するバックテストも簡単にできる点も
非常に魅力的で、他の取引プラットフォームにはない特徴だ。

「MT4」のおすすめの使い方

MT4のおすすめの使い方は、ずばりカスタムインジケーターを導入して、機械的に売買シグナル判定をMT4に行ってもらうことだ。
(カスタムインジケーターからの売買シグナルがでた場合は、PCの画面上にポップアップで表示したり、スマホに通知を送信することも可能となっている。)
一般的に売買シグナルはトレーダーがチャートを目視で確認して判定するものだが、MT4ではそのようなシグナルのロジックをプログラムにすることができる。そうすることで、売買シグナルを見逃したり、売買シグナルを見間違えるようなヒューマンエラーを防ぐことができる。
また、カスタムインジケーターの作成から導入までは、Web上で検索すればたくさん情報が得られることも初心者にはありがたい点だ。クラウドソーシング等の請負開発でもカスタムインジケーターの政策依頼が可能なため、カスタムインジケーターを使用する敷居は下がっているのも魅力的だ。詳しくは以下のリンクで確認してね。
XMのプラットフォームMT4・MT5どっちが良い?